TOPICS人気のある日本の女子プロゴルファーについて
人気のある日本の女子プロゴルファーについて

とても健康的な女子プロゴルフ選手たち

本当に若い選手が多くなりました。
そして皆さんそれなりに美人です。
背も高いしスポーツをしているせいか身体も引き締まっていて実に見映えしがます。
ぼくらの世代は女子のゴルフ選手と言えば岡本綾子さんでした。
一方男子では尾崎三兄弟と青木選手、中島選手などが大活躍していた時代です。
唯一の不満は尾崎選手が海外では一向に勝てないこと。なんでぇ、一丁前の顔しやがって結局は井の中の蛙かい?と言うのが印象として強く残っています。


そんなときに岡本さんは積極的に海外ツアーに挑戦を始めました。
快哉を叫びました。
だってきちんとそれなりの成績を残したのですから。いまその伝統を引き継ぐのは宮里藍選手ですかね。そのほかにも上田選手など数人がチャレンジを続けています。
若いうちですから、ぜひ挑戦を続けて欲しいですし、ツアー開始前には樋口久子さんという超大物が一人がちでした。
流石に当時は週末のゴルフ中継も無く、女子に限らず男子に関してもゴルフがニュースになることはほとんどなかったためか、鮮明な記憶にはなっていません。

一ころ不動選手のファンでした。
このごろトンと上位に出てきませんが、2003年には年間10勝を上げているんですね。その翌年2004年には宮里藍が18歳で最年少優勝記録を更新しています。
おそらく不動選手の魂が宮里選手に受け継がれて、その後の不動選手の停滞につながっているのではないかと危惧している次第です。
10年一昔といいますが、女子のゴルフ選手はそれより1-2年短い選手生命のように思えます。